株式会社NIC・岩松勇人が代表になるまで

岩松勇人に聞くビジネスで成功するヒント!

失敗を繰り返して得たもの

はじめは手当たり次第

ある人にとって不用品でも、それが必要な人にとっては必需品になります。そこを上手く活用したのが不用品ビジネスです。不用品や新品でも人気のない商品を仕入れて、それを必要としている人に売るのです。購入金額よりも販売価格の方が上回っていれば利益が出ます。

物販ビジネスにおいて最初は、誰もが売れるであろうという商品を扱った岩松さんでしたが、誰もが扱う商品は決して高額にはなりません。なぜなら、どこでも手に入るからです。そこで、希少価値のある商品の仕入れへとシフトしていったのです。

これは同時に賭けでもありました。商品を仕入れても誰からも必要とされなければ在庫として残ってしまうからです。大量に在庫を抱えるリスクを承知の上で勘を頼りに仕入れる日々でした。

マーケティングを活用する

勘だけを頼りにするのには、リスクが大きすぎます。その勘にも根拠が必要です。そこで、行ったのがマーケティングです。今世間では何が話題になっているのか、この年代には何が流行っているのか、何が人気があるのか、今後どれが流行になりそうなのかをありとあらゆる角度からリサーチし、戦略を立てるのです。

求められているところに求めている商品を提供することが的確に出来ます。そうすることによってビジネスを拡大させることが可能になりました。

広範囲に広告をだすのではなく、ターゲットを絞ってダイレクトに宣伝をすることで、無駄を省けます。ロスが減ることによって、商品価格を下げることが出来ます。そうやって顧客を得ることに成功したのです。


この記事をシェアする